【雑記】見えない出口

おはようございます。
今日は単なる雑記です。

私には、今非常に悩んでいることがあります。
(特許翻訳とは関係ありません)

というか、本当は悩んでいるんだけども
「私は悩んでいないんだ」と思い込もうとしており、
また周囲にもそのようにふるまっているという状況です。

日常生活を送るなかで、また勉強をするなかでふとその悩みが
頭をよぎることがあり、そういうときは心を落ち着けるために時間を要します。
その瞬間は予想もしていないタイミングでふいに訪れ、
私の心をゆさぶります。

悩んでどうにかなる問題ではないのですが、
どうしても悩んでしまう・・・。

「悩んでも仕方ない!」と言って振り切った次の瞬間には
また不安になっていたり。

この問題に対する解決策は、まだ浮かびません。
おそらく時間が解決してくれる問題なのですが、そのための時間が経過するには
まだ何年もかかりそうです。

何も考えずに特許翻訳の勉強に集中したいのですが、
そのためにはどうしたらよいのか。
模索中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です